妊娠時の脱毛

妊娠時の脱毛

 

妊娠時の脱毛

光脱毛を受ける人はほとんどが女性ですので、気をつけておきたいポイントが「妊娠について」です。光脱毛は妊娠中には受けることができません。

 

どうしてかと言うと、妊娠中は女性ホルモンの状態が通常と異なるため、刺激を与えない方がいいからです。体だけでなく心も不安定になりますし、安定期に入るまではなるべく刺激を控える必要があります。また毛周期が乱れたり、ムダ毛が急に濃くなることもあるので普段の状態とは違うのです。

 

けれど光脱毛は、月に一度の間隔で1年ほど通わないと完了しません。そうなると脱毛を途中でやめてしまうことになります。

 

そういった場合にサロン側がどういう対応をするのか、事前に確認しておくことが必要です。
思ってもいなかった妊娠というのもあり得ることですし、脱毛のために妊娠しないようにするというのも変な話です。

 

もし脱毛中に妊娠が分かった場合、その後の施術できなかった分のお金はどうなるのか、出産後に希望すれば継続して施術を行ってくれるのか、これらの点についてきちんと確認しておきましょう。

 

女性ホルモンが乱れるといえば生理中もです。そのため生理中は脱毛を受けない方がいいと言われています。生理前後に肌の調子が不安定になる人も多いですし、避けた方がいいでしょう。
出産後にまた施術をしてくれるサロンでも、出産後2回は生理が来て安定してからの方がいいとされています。そして授乳中は脇と胸の施術は行いません。
こういう点を確認してからサロンを選ぶようにしましょう。